検索
  • ジュセル JUSEL

サンゴ礁の保全再生、光触媒トリニティーzをお伝えしていきます

サンゴ礁は地球の表面積の0.1%の面積を占めるにすぎませんが、そこに9万種もの多様な生物が生息しており、人間に漁業資源や観光資源を提供しています。また、サンゴ礁は天然の防波堤となり、沿岸に住む人々を高波から守ります。ツバルやモルディブのように、国土のすべてがサンゴ礁でできている国もあります。

このように人間を含めた生き物に多大な恩恵を与えてくれるサンゴ礁ですが、近年、気候変動や赤土の流出など陸域からの負荷によってサンゴが減少し、急速に衰退しています。サンゴ礁は環境の変動の影響を最も受けやすい生態系の一つとされています。サンゴ礁の異変の察知やその原因究明、対策の実施など一連の活動は、行政をはじめ研究者や民間団体などさまざま人々が連携して取り組む必要があります。トリニティーz珊瑚再生プロジェクトから世界の方々と協力し連携を強め、サンゴ礁の保全、光触媒トリニティーzをお伝えしていきます。





閲覧数:125回0件のコメント

最新記事

すべて表示