top of page
検索
  • 執筆者の写真ジュセル JUSEL

人体に安全な光触媒

光触媒というのは、金属の一種である二酸化チタンや酸化チタンのことを指します。これらの金属に光を当てると、周りにある有機物

「燃えるもの」を分解する力があります。


ウィルス、たとえばコロナウイルスも、ほとんどがタンパク質からできています。そこで、光触媒を使ったエアコンや空気清浄機が使われているのです。また、店舗でも光触媒を使った蛍光灯が使われていることがあります。


ただし、光触媒の取り扱いには注意が必要です。なぜなら、人間の皮膚もタンパク質からできているため、触れると火傷のような症状や皮膚のただれが起こることがあるからです。


しかし、生体融合型光触媒トリニティーゼットは特別です。なぜなら、この光触媒には二酸化チタンが高分子シルク(絹糸)でコーティングされているからです。普通なら、光が当たると絹糸を分解してしまうはずですが、この製品は絹糸を保護し続けているのです。


これに関しては、各研究機関が十数年にわたり研究を行っていますが、まだ解明されていない謎があるのです。科学的には未解決のままです。




閲覧数:147回0件のコメント

最新記事

すべて表示

光触媒トリニティーZは夢のような環境を浄化する触媒

『トリニティ』は、人体や環境にまったく害の無い、生態融合型の触媒です。水(水道水)に溶かして使用します。特殊な溶剤などは、不要です。 人体、植物、動物に対して、安全であるため、取扱いが、とても簡単で、他に類を見ないほど、効率的な触媒効果を発揮して、あらゆる化学物質を分解し、自然に戻してくれます。しかも、触媒ですから、その働きは止まることがありません。私たち人間が、今まで地球環境に放出した、ありとあ

Comentarios


記事: Blog2 Post
bottom of page