検索
  • ジュセル JUSEL

JUSELは珊瑚再生プロジェクトを応援します!

更新日:7 日前

hikarishokubai_jusel

#サンゴ #地球 #環境保全 #海が好き #未来 地球,は水の惑星。大気中の水蒸気が大雨となり地上にふり注ぎ「原始の海」海が生まれました。生命が生まれたのは約40億年前。海という漢字は人の母なる水と書きます。地球の表面の70%が水でおおわれています。その大部分は海水で 淡水は 2.5%。その淡水も人間が利用可能な水は地球上の水のわずか 0.01%です。地球上の全ての水がお風呂一杯の水だとすると、私達が使える水はたった一滴しかありません。日本は水が豊かですが、気象変動による深刻な水不足が。 世界第4位のアラル海の湖の水量が10分の1に縮小して消滅の危機。水をめぐる紛争が世界各国で起きて「水をめぐる武力衝突と政治的対立が頻発」と警告。 これから石油をめぐる戦争から水をめぐる戦争の時代になるかもしれません。それと 使い捨て容器、産業廃棄物、洗剤、化学肥料、農薬、殺虫剤 などの水汚染です。50兆個以上のマイクロプラスチックが世界の海を漂っています。世界中の原子力施設でトリチウム汚染水を海洋放出。福島第一原発では事故によって1日140トンのペースで汚染水が発生しています。地球の全ての生き物は相互に依存して支え合っていることを私達は忘れています。juselは未来の子供たちのため美しい地球を守る運動を事業を通じて続けて生きます。 JUSEL

光触媒「トリニティーゼット」による珊瑚の再生方法の特許(特許第6876886号)を取得

【特許内容】

1)酸化チタン光触媒液に死滅した珊瑚塊を浸漬し、その後天日乾燥させた珊瑚塊部材を海域に戻して設置することを特徴とする再生方法。

2)酸化チタン光触媒液に天然素材、または化学繊維素材からなる繊維状の被覆部材を浸漬し、その後天日乾燥させた部材を海域に戻すことを特徴とする珊瑚の再生方法。

3)海域に生息する天然珊瑚の産卵時に合わせ、上記珊瑚塊部材ないし繊維状の被覆部材を入れた生簀等の水槽を内蔵した船で漕ぎ付け、卵と共に海水を水槽に投入し、上記部材への珊瑚の卵の定着を図ることを特徴とする珊瑚の再生方法。

閲覧数:121回0件のコメント

最新記事

すべて表示