top of page
検索
  • 執筆者の写真ジュセル JUSEL

地球をお掃除する光触媒トリニティーZ

1.光触媒とは


光触媒とは、光をエネルギーとして物質に科学変化を起こさせる媒体すなわち触媒です。 自然界では、植物の葉緑素による光合成が、光触媒です。 葉緑素は、光をエネルギーとして 化学変化を起こさせ、二酸化炭素と水分から、デンプンと酸素を作り出します。 光触媒反応を起こす物質としてポピュラーなのが酸化チタン(Tio2)です。 酸化チタン自体は、光触媒反応を作り出しても減る事がありません。 表面に光エネルギーを 受けると強力な酸化還元反応を起こし、接触する有機物、雑菌などを炭素と水分に分解し 無害化してしまいます。


2.酸化チタンとは?


光触媒反応を起こす素材としての酸化チタンは、白色の顔料や食品添加物として使われる 極めて安定した物質です。紫外線を吸収する事から、化粧品などに使われています。


3.光触媒の原理


酸化チタンの表面に光エネルギーが当たると、空気中の水分と酸素と反応し、OHラジカルなど の活性酸素を発生させます。 このOHジカルは強力な酸化分解力を持ち、シックハウスの原因物質であるVOCなどの 有機物や雑菌などを炭素と水分に分解し、 無害化します。


閲覧数:152回0件のコメント

最新記事

すべて表示

JUSELは珊瑚再生プロジェクトを応援します!

hikarishokubai_jusel #サンゴ #地球 #環境保全 #海が好き #未来 地球,は水の惑星。大気中の水蒸気が大雨となり地上にふり注ぎ「原始の海」海が生まれました。生命が生まれたのは約40億年前。海という漢字は人の母なる水と書きます。地球の表面の70%が水でおおわれています。その大部分は海水で 淡水は 2.5%。その淡水も人間が利用可能な水は地球上の水のわずか 0.01%です。地

トリニティーゼットを農業・水産業に!

トリニティーゼットを農業・水産業に 品質の向上&耐病性の向上など話題性は抜群! 里芋の収穫量が30%アップ! 使用方法 卜リニティーゼットを水で5000倍に 希釈して土壌散布と葉面散布を計7回。 結果 例年、1棟のハウスの収量の平均が 100Kgだったのが、 噴霧してからは130kgも収穫できた。 <使い方> ・種処理の場合・・・・・・トリニティーゼットを水で100倍に希釈 ・土壌散布の場合・・・

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page