検索
  • ジュセル JUSEL

光触媒は日常の生活環境の中で機能を発揮

光触媒は繰り返し効果を発揮するため、そこに光があって、 空気と水があれば、 人々が気付かない間にコツコツと働き、きれいな環境を保ちます。

光触媒が優れているのは、 これらの効果のために特別な薬品や電気の力を必要としないところ。

廃棄物が出ないので環境や生態系にも優しく、 自然な形で人々の暮らしに寄り添うことができる材料といえます





光触媒表面に付着した汚れは、酸化分解力により付着力が弱まり、超親水性の作用で水がかかると汚れが浮かび上がって洗い流されます。また、親水性表面は帯電しにくいため、ホコリが付きにくくなる効果も期 待できます。



空中に漂っている、生活臭やシックハウス症候群の原因となるVOC(揮発性有機化合物)が光触媒表面に付着し、光が当たると酸化分解力により分解・除去されます。ニオイなどの原因を元から断つのは光触媒ならではの効果です。

屋外では、排気ガスや排煙に含まれる窒素酸化物(NOx)を酸化、除去し、環境浄化にも役立ちます。





閲覧数:132回0件のコメント

最新記事

すべて表示